読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空降るでいず

じゆうな いろで えがいて みよう

違和感

 やっぱり日記もカテゴリ分けすべきだろうかと思いつつ未だに実現できていないのは何なんだろうか。うかつにカテゴリ分けすると芋づる式に負の遺産が引き上げられちゃうからかな。
 さて― 何が違和感かというと、またデジカメの話。今までと違って普通にマイデジカメなので鞄に入れて1日2枚程度適当に撮ってみたりしているんだけど、写真を撮った後に画面で見直すと何かが何となく、本当になんとなーく違う気がしていた。で、今日撮ったこの写真で何がいけないのかはっきり分かった。これだ。

 シャッタースピードが遅いんだ。
 地上ホーム・2階コンコースの一般的な駅で撮ったこの写真がなんと1/50秒で撮れている。遅くない? 少し曇っているとはいえぼちぼちの明るさだし、もうちょっとシャッタースピードが速くてもおかしくはないんだけどなぁ。そういえばこの写真を撮ったときにズームを使った気がするし、その辺が関係しているとか。
 家に帰ってPicasaを立ち上げ、買ってから今まで撮った全写真のシャッタースピードをチェックしてみると、確かに軒並み遅かった。1/100秒を超える写真を連発していたのはSDカードを買った日に自宅前で何枚か撮ったとき(しかも曇り空)くらいのもんで、あとは外だろうがほとんど遅い。これは困ったなぁ、家の前で撮った写真とそれ以降の写真ではいったい何の設定が違うんだ。シャッタースピードを直接調整できる設定なんて無いし、遠回しに何かの設定を使うしかないのかな。これは設定が悪いのか、LUMIXが元々遅めの仕様なのか、あるいはカシオがやたら速かっただけなのか・・・。