読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空降るでいず

じゆうな いろで えがいて みよう

とある劇場の立体映像

これは今日の話。「アバター」見てきた。
3Dの映画は初めてだったけど、思ったほど立体感はなかったね。ガス弾が飛んできたシーンで思わずよけちゃった程度だw USJターミネーターみたいな「これでもか!」という3Dと比べると、全然たいした立体映像ではないと思う。総じて自然な立体感、とでもいうか現実の奥行き感に近い立体を作り出してるという感じ。
今日見てきたのは数ある方式のうちの「RealD」というものだけど、メガネのおかげで画面が若干暗いのと端が見にくい以外はおおむね良好で、大きな負担無く3D映画が楽しめていいと思う。
アバターの感想?んー。パンフレットにも「典型的な〜」て書いてあったとおり、別世界の話の割にはありがちな話でいまいちおもしろさを感じないんだよね。ここはあの映画、あそこはあの映画、この要素はあのゲーム、あらすじはあの映画、みたいな感じで斬新さがあんまりない。でハリウッド的戦闘シーンがあったりして。なんだかなあ。
上映時間が長い割に最初の方はまるでテレビシリーズの総集編のように進んでいくように感じるし。これは「ビデオのログを定期的に撮っている」ていう設定のせいだね。ストーリーは、いまいち。でも映像は圧倒的。IMAX 3Dで見たら相当すごいんだろうなあ。