読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空降るでいず

じゆうな いろで えがいて みよう

みぞおちパンチ

(※自分が後々見たときに"あること"を思い出せるようにとの目的で、タイトル含め人に見せるには無駄な記述が多いです。いつものことだけど。)
土曜に大学のゼミの卒論発表会があったので行ってきた。ゼミの担当の先生が今年で定年退職なので、とりあえずは今年で最後らしいしね*1
それは同学年の人は来てなかったのでとりあえず淡々と聞くだけ聞く。そのあと打ち上げの飲み会があったんだけど、そこには同期の人が3人来てた。
そのあと店を出るときに10以上年上の女の先輩にみぞおちにパンチを食らったり、なんか知らんが同期の子1人とセットで2次会に連れられたりしたけども、なんとか同期とセットで脱出。しかし、時既に遅し。もう1人は帰れたけど自分は終電がなかったんですなあ。同期の子には「ネットカフェで一泊を」と随分薦められたのに、酔っ払いは何するか分かりませんな、とりあえず途中までは電車が出てたので乗ってしまった。

ナイトウォーキング

さて、奈良というのは大阪から山を隔てて向こう側にあります。今いるのは大阪。とりあえず山を越えたい、と。そんなわけで新石切駅を通過し石切駅も(心霊スポットを気にしつつ)越え、さあハイキングコースへ、と思ったんだけど
こわい
こわすぎる
ハイキングコースとはいえ、地図を見ればとにかく寺を繋ぐルート。こんなもん怖くて通れんわ。しかも草木も眠る丑三つ時に山越えはちょっと...。そういいながら町からいよいよ本格的にいかにも山の中へ入っていくところまで来たんだけど、流石ですね、横にいらっしゃるのは地蔵。もう無理。
そうして、石切駅へと引き返したのでした。さむい。

待機


駅もこの雰囲気。近くには心霊スポットとしてお馴染み生駒トンネルがあるし、ここはここで怖い。座ると冷たいし、自販機の横で2時間くらい待機したかなあ。
5時前になると駅の電気が点いて、見に行くと駅員が色々準備してた。改札の電源が入るところとか、精算機の点検するところとか、列車案内の液晶にWindowsの起動画面が出てるのとか初めて見た(ブルースクリーンは見たことあるけどね)。寒い思いもしたけど、それだけ見られて良かったかな。
そして帰ったのは朝の6時頃。どう考えてもネットカフェで待機した方が良かった。

オチ

ネットカフェ云々以前に、あの時間なら深夜バスに乗れば帰れた。その存在を思い出したのは随分後になってからで、正直無駄なことしちゃったという後悔しかないわ。

*1:定年なだけで、学部が変わって数年はやるそうな