読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空降るでいず

じゆうな いろで えがいて みよう

タイトルを付けにくかったので、久しぶりに日付だけのエントリにしたいと思う。
今日、以前バイトしていた店の店内を歩いていたら、お世話になったパートの人に見つかってしまい、2, 3分ほど軽く話をした。話の内容なんて簡単で、同い年のバイトの子が昨日店に来て僕について「今どうしてるんやろなぁ」なんて話をしていたこと、同い年の彼も頑張っているらしいと言うこと、Facebookで僕を見つけたこと、僕はまだ名古屋にいますよということ、あとは「もっと頻繁に来てや〜」という締めでおしまい。
ちょっと離れていた場所を一瞬通りかかっただけで自分を見つけてしまうのもさすがだなぁと思ったけど、何より自分が知っている人と話をするのはうれしい。
会社に入ってからと言うもの、確かに会社の中はそこそこの人数がいるから話す人数としては増えた。でも、自分の中のずっと深いところでロックがかかってしまったような状態になってしまって、うまく話せていない。最低限の語彙で、自分の意思を完全に放棄したような話し方しか出来ていないと思う。かなり早い段階から「なんで自分はここにいるんだ?」という疑問を持ってしまっているし、どうしても周りの人たちが純粋に・単純に自分を見ていないのではないか、という風に思ってしまう自分がいる。
そうやって自分の中の感覚がおかしくなっていく中で、こうして(バイト先だけど)仕事場で、かつ自分のことだけを知っている人と話が出来るというのはありがたい。自分が余計なことを考えて、頭がおかしくなる感覚が無いから楽だ。本来なら、人はどこへ行ってもこういう感覚でいろんな人と話が出来ているんだろうなぁとも思うけど、僕はもともと話すのが上手くないから、どんどん深みにはまっていっちゃう。余計なことを考えて、自滅する。
自分が今いる場所は、父やその周りの人が用意してくれた場所だから、できることなら大事にしたいと思う。でも、それが逆に徐々に自分の首を絞めているのであれば、それは良くないことだと思っているし、なんとかその状態から打開したいとも思う。
結局、(他の人もみんなそうかもしれないけど特に)僕は「他人からの僕のイメージ」に勝てない。すぐに屈してしまう。合わせなくてもいいのに合わせようとするし、それもうまくいかないから結局失望される。今の場合はとくに「他人からのイメージ」が異常に強すぎる。こんなもん勝てんよ。壊せないよ。
ここ数週間でまた再燃していた今の自分に対する疑問と、忘れていた感覚。それがすこしだけはっきりした2,3分の会話でした。ありがとう、また来ます。

ところで

Facebookにいることがばれてしまった話、すこし驚いてしまった。自分は確かに同い年の彼とはFacebookで友達になっているけど、こんなにあっさり見つかってしまうとは思わなかった。
ああいうのは検索云々言うよりも「友達数珠つなぎ」的な側面があるから、「あ、こんな人がいる!」ていう発見があって楽しいとは思ってた(でもフレンド申請まではしないw)。でも今回、逆に「意外な人に発見される」という点で、実名でネットに登録するのも悪くないのかなとも思った。Twitterみたいにあんまりしょっちゅう書き込みたくないので、何らかの形でタイムラインが充実できるようにしたらいいのかなぁ。

このエントリを書いてみて

だんだん増田にした方が良かったんじゃないかと思い始めた。20ブクマくらいは行けたかも?*1

*1:数年前、20ブクマくらいを目標にして増田でエントリ書いたらその日のホッテントリ一位になって超びびったことがある