読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空降るでいず

じゆうな いろで えがいて みよう

歯の話題

 3週間ほど前から、右上の奥歯(親知らず)が欠けているような感覚が起きていて気持ち悪かった。おまけに口の中の一部分が欠けている部分に引っかかっているらしく、ちょっと傷みたいになりはじめている。そういえばここ数ヶ月でものが右の奥歯で噛みにくくなってきているのも関係あるのかも知れない。
 親知らずと言えば2年前に今回の反対側の親知らずで大変な目に遭っているので、正直言うと嫌な予感がするし行くのが気が引けるけれども、気づいた時点で対処しないと余計大変かも知れない。

 というわけで、また近所の歯医者に行ってきた。

歯医者

 とりあえず歯を診てもらうと、今回も前回同様に「手前の歯が出ていて状況が見えない」とのこと。またか。で結局レントゲンを撮ってもらったところ、医者が結果を見て「あ!虫歯になってるわ」とやけに大げさなリアクションで虫歯が発覚した。親知らずの奥側に虫歯が生えていて、場所が場所だけに治療は不可能で抜くしかないんだそうな。
 今回の状態は今のところ虫歯の進行も前回ほど進んでいるわけではなく(といってもそれなりの虫歯だそうだが)大慌てで抜かずともとりあえず2〜3ヶ月以内には抜けば良いとの見解ではある一方で、どうやら歯医者の方も前回の経験が記憶に強く残っているそうで「あんなことは初めてだ」とか言いながら早くも「紹介状書くから適当なタイミングで行ってこい」と前回同様に病院の口腔外科に行くよう勧められてしまった。結局ここではどうにもならなかったか−。

口腔外科

 2〜3ヶ月以内とは言われたものの、ほったらかしにしておくのも嫌なので翌週の平日に病院まで行ってきた。ここに来るのも前回の左の親知らずの時以来だ。あらかじめネットで病院のページを見ていたら「初診で施術することはありません」とのことで、前回のは特例だったらしい。2回くらい来なきゃ行けないのかあ。
 前と同じようにひとまず状況を診てもらって、他のフロアまで行ってレントゲンを撮って、また戻ってしばらく待つ。相当長く待ってから呼ばれて、レントゲンからの説明と状態についての確認を診察室でしていると、「もう今日抜いちゃいましょうか?」と。え?
 医師曰く、歯は簡単に抜けるし、今後は予約が詰まっているので今日を逃すと2〜3週間後になってしまう可能性が高いんだとか。今日抜くつもりがなかったので少々驚きつつもお願いすることにした。

抜歯手術

 というわけでまた待合に戻って(何回目だ)から、割とすぐ呼ばれた。普通の診察室に、ちょっと歯医者っぽい椅子が付いただけの部屋。医師一人に看護師一人という最低限の人数で、とりあえず手術内容についての簡単な話(麻酔を打って押すだけで歯が出てきます、と。押す?)を聞いて手術の同意書だけ書いてすぐにスタートした。
 とはいっても麻酔を2,3発打たれてちょっと待った後に何かを使ってじわじわじわ・・・と抜くだけ。いつの間にか歯が出てきてすぐに終わってしまった。今回は口元も全く見えてなかったし、「押したら歯が出てくる」の"押す"とは何かも結局分からないし、歯ってこんなに簡単に抜けるのかぁというぼんやりした感想しか出ない。この間わずか5分くらいだと思う。前回の総勢5人体制、メスにハンマーにあらゆる道具を使われた上に看護師に脈を測られるというヤバそうな手術とはかけ離れたお手軽作業で拍子抜け。
 まあ、とりあえず、おつかれさまでした。

歯石取り

 そして今日、近所の歯医者に経過を見せてきたのと、ついでに歯石を取ってもらった。
 抜いた奥歯の方は・・・そういえばコメントがなかったな。たぶんきれいに抜けてるんだと思う。
 そして歯石を取る作業の前に全体を見てもらったところでなんと初期の虫歯が見つかり、すぐさま詰めてもらった。ぜんぜん痛くもないようなレベルで見つかって良かった。
 それから歯石取り。歯石取りって具体的に何をどうやるのか未だによく分かってないけど、どうも塩を使うらしい。塩?
 塩が多く入った微量のジェットシャワーみたいなやつで歯を磨いた後に泥みたいなものを付けたブラシで口の中を磨かれ、あとは怪しげな洗口液で口をゆすいでおしまい。この間およそ30分。
 おかげで見た目に舌の感触でも凸凹だった前歯がすっきりしたし、歯の色も真っ白とは言わずとも結構きれいになった。30分かけてクリーニングするだけのことはあるね、やってよかった。ついでに虫歯も見つかったし。何でもそうだろうけど、ちゃんとメンテナンスしないといけないね、というお話でした。