読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空降るでいず

じゆうな いろで えがいて みよう

「LoveLive! μ's Live Collection」を買ってきた

アニメ ぐだぐだ書きたい

「LoveLive! μ's Live Collection」という「ラブライブ!」のブルーレイを買ってきた。ゲーマーズで買ったのでタペストリー付き。

 テレビシリーズや劇場版、あるいは中の人たちのライブのブルーレイには一切目もくれなかったのに、これに限ってはCMを見た瞬間に目を輝かせ発売日に即座に買ってくるという気合いの入れよう。こういうのほんと好き。

 簡単に言うと「ラブライブ!」でのμ'sのミュージックビデオとTVシリーズ/劇場版での歌のシーンを集めたブルーレイ。μ'sがひたすら歌って踊る90分、という感じの内容です。まさしく欲しかった1枚。

↓こういうのが延々続く

↓CM

 実際見てみると期待通りひたすらミュージッククリップ状態*1で、もう無限ループで再生し続けたいし、欲を言えば車の中でも流し続けたい(BDドライブ無いから無理)。μ's可愛いしすごく良い。

 メニュー画面も「見たい映像だけ好きに見ろ」みたいな構成でまた良い。ひたすらチャプターリピートでも何でもしてやるよ!

 今もこのブルーレイを流しながらこのエントリを書いております。わーい。

子供でも記憶に残るものを

 自分が直感的にこのブルーレイをここまで欲した理由というか背景に無理矢理理由を付けて箇条書きにするとこんな感じになると思う。もちろんラブライブやμ'sが好きというのは前提として。

  1. 子供の頃にディズニーの歌のビデオを見ていたので歌のディスクに抵抗がない
  2. Xboxアイマスのステージで「キャラクターが踊るCG」に衝撃を受けて以来そういうのが好き
  3. 初めて「snow halation」を見たときに「目の付け所は悪くない」という意識はあった(過去のエントリ参照)

 全部ごちゃごちゃ書く意味も無いので、挙げるなら一つ目を。

 ぼくが子供の頃はテレビ番組(アニメとか)を録画したテープや買ってきたビデオが手元にいくつかあって、それこそ再生しすぎてテープがノイズだらけになるまで沢山見ていた。

 その中には普通のアニメや番組ではなく、ディズニーの「シング アロング ソング vol.3」*2という様々なディズニー作品から歌のシーンを切り出した数十分のビデオもあって、一緒に歌うほどはなくてもずっと見ていた記憶がある。

 小学校に上がる前だと、物語では話の筋もよく分からないしほとんど記憶に残らない。でもディズニーのように音楽と映像の組み合わせであれば印象はちゃんと残るし、何年も経っても「あれって何だったっけな—」と何らかの形で「子供の頃の記憶」の一つにはなってたんだよね。意味は分からなくても歌であればある程度は楽しめるし。

 もちろん、シングアロングソングが自分の人生に何か影響を与えたかというとそんな大げさなことはないけど、やっぱり昔見ていたものをふと何かの拍子で思い出すのは嬉しいことだよ。

 そういうわけで、ライブではないアニメーションの「歌の映像集」というものに対する印象は悪くないし、むしろ好きな部分はあったのかな、と今になって思う。今更完全に子供向けのものを見ても仕方ないし、今の僕にとっては今回のブルーレイは丁度良かった。

お子さんとラブライブはどうでしょうか

 もちろんラブライブは元々の対象年齢が高いというか大きなお友達向けではあるけど、その一方で出来が非常に良くて今になって思えば世代問わず楽しめる普遍的な物になっているのも特徴だと思う。NHK教育で夕方に放送されたことでそういうお墨付きを与えられたという風にも解釈できるし。

 その流れで見てみると今回のブルーレイは子供が見ても十分楽しめるものになっていると思うし、もし子供がNHKで見かけて興味があるようであれば買ってみる価値のあるものだとも思う。親子でラブライブ、どうでしょうか。無理がある?そうですか...。

 でも作ってる側も多少は意識してる面があると思うんだよ。

 このブルーレイはバンダイビジュアル(エモーション)のディスクなので普通なら例のモアイから始まるところ、このディスクではモアイの前に「鑑賞上の注意」が音声付きで入っている。喋っているのは高坂穂乃果(CV:新田恵海)さんだ。書き起こしてみた。

私たちのぜーんぶが詰まったスーパーライブ、いよいよ始まるよ。
元気に踊る私たちの笑顔がしーっかり見えるように、お部屋の中を明るくして見てね。
長時間視聴するときは、必ず、穂乃果と一緒に、休憩だよ。
それじゃあみんな、準備はいい?
いくよー! μ's!ミュージック、スタート!

 他のラブライブ関係のディスクを一切持っていないので他の状況がわからないけど、これはどう見ても大きなお友達向けの内容じゃないよね。深夜にはまず見ることの無い、キャラクターによる「部屋を明るくして離れてみてね」のガイダンスに違いない。部屋を明るくして離れて見ろまではともかく、「穂乃香と一緒に休憩だよ」という文言のターゲットは明らかにこっちじゃない。

 そんなわけでバンダイビジュアルさんもそちらを想定しています。親子でラブライブ、どうでしょうか。やっぱり無理がある?そうですか...。

 欲を言えば、Blu-rayの字幕機能で良いので歌詞を付けて欲しかったかな。これさえあればテレビの前で一緒に歌えるようになるよ!え、一緒に歌わない?そうですか...。

*1:もちろん前後必要な部分は歌でなくても入っていたり、TVシリーズ前のMVは前後の芝居も入ってる

*2:さっきネットで調べ回って特定できて動画も確認した。懐かしい