読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空降るでいず

じゆうな いろで えがいて みよう

ひとりで観覧車に乗る勇気

お出かけ

今年もF1が日本にやってきました。

そんなわけで、性懲りもなく今年も予選の音を聴きに(?)行ってきたよ。去年はこちら。

tsukuisu.hatenablog.com

 今年も昨年同様にサーキットの観戦チケットを持たずにふらっと鈴鹿サーキットに来て、1,700円の入園チケットだけを手に入れて中に入った。入園チケットだけではサーキットのコースやスタンドの周辺にすら立ち入れないのも昨年同様で、F1マシンを全く見ることができず結局近場をぶらぶらするしかないのもお約束。行動もだんだん意味不明になってくる。


こんなんばっかり。

 …と、そういえば過去3回来ているのに無視している存在があるのを思い出した。それが観覧車。というわけで男一人で乗ってみました。なんというか寂しいし悲しい。

f:id:tis8347:20161008151437j:plain:w420

おー。遠くに見えるのがホンダの工場。手前はカートのコース。そして横を見ると。

f:id:tis8347:20161008151441j:plain:w420

おおー。これはよく見える。

そしてこの時間は予選が行われていたのでF1マシンも走る。撮ってはみたもののボケ&ブレでなにがなんやら。

とりあえずマクラーレン
f:id:tis8347:20161008151636j:plain:w420

ハース。最近ブレーキがよく壊れるので怖いだろうに。
f:id:tis8347:20161008151655j:plain:w420

ウィリアムズ(手前)とザウバー
f:id:tis8347:20161008151717j:plain:w420

ルノー
f:id:tis8347:20161008151721j:plain:w420

レッドブル(手前)とマノー。
f:id:tis8347:20161008151745j:plain:w420

・・・あれ?今や最強チームのメルセデスと老舗のフェラーリが一切写ってない。もっと遅くに出てきたのかな。

そういえば

 この観覧車、観戦チケットを持っていればそのまま乗れるけど、本来はチケットが別途必要。というわけで手前にある券売機(うっかり買えないようにコイン投入口にも注意書きで蓋をしてある)で買おうとしたら、お姉さんがダッシュで来て観戦チケットを持っていないか確認されてしまった。「持ってないです」と答えたときの「あっ」っていうこの空気ね。来てしまった手前随分と丁寧に買い方を説明してくれた。ありがとう。

何の話やねんこれ。

 「一人で観覧車に乗る勇気」はそりゃ通常なら必要だろうけど、実際のところ鈴鹿サーキットにおいてはF1を上から見たいがために一人で乗る人も普通にいるようなので意外と問題なかった。というか前の人は観戦チケットを持っているのを良いことに降りたそばから待機列に並び直してたし。

 1,700円+観覧車500円ならなかなかいい体験なんじゃないでしょうか、と言いたいところだけど、うーんこの微妙な感じ。

今回は以上です。オチというか締め方が分からなくてもやもやするエントリになってしまった。ごめんなさい。