空降るでいず

じゆうな いろで えがいて みよう

青春18きっぷ2019夏・2回戦

 前回に続いて、青春18きっぷで遠出をしてきたレポでございます。今回は残りの3日分を使って東北をぐるっと回ってきたよ。

1日目

 初日は飛行機で飛んだ後、青森までゆっくり移動。

  1. 仙台空港線仙台空港→名取)
  2. 東北本線(名取→仙台、仙台→小牛田、小牛田→一ノ関、一ノ関→盛岡)
  3. IGRいわて銀河鉄道(盛岡→目時)
  4. 青い森鉄道(IGRから直通で目時→八戸、八戸→青森)

 つまり最初の仙台空港線以外は(元)東北本線だけをひたすら乗り継いで青森を目指す。

 さて、青春18きっぷはJRのきっぷなので、当然ながらJRではない区間は乗ることができない。 とはいえ青い森鉄道の八戸~青森間では特例があるのでそのまま青春18きっぷで乗れるし、仙台空港から名取まで出るときはとりあえずSuicaで乗れば良い。一方で青い森鉄道の残りの区間IGRいわて銀河鉄道全線は自腹で切符を買って乗る必要がある。で、この区間、運賃が、いやあ、ねえ...。

まずは飛行機

 ここ数年お得意の飛行機でスタート。

 飛行中のことを考えて搭乗口前でウォークマンを用意していたら、改札を抜け階段を降り外に出て次の写真を撮る頃にはイヤーピースを片方無くしていた。たった数十メートルしか歩いていないのにもう無いの?前回に続き幸先が悪い。そう、今回は不運の旅でもあるのです...。

 イヤーピースを早速無くしショックを受けつつ飛行機に乗る。乗る機体は去年に続いてDHC8-Q400。

f:id:tis8347:20190822085146j:plain:w420
熊本からはそこそこ揺れたけど、さて今回は

f:id:tis8347:20190822085415j:plain:w420
空港。

f:id:tis8347:20190822092335j:plain:w420
空。

f:id:tis8347:20190822103103j:plain:w420
空港。

 あっさり仙台空港に到着。やはり離陸時の揺れが気になるねえ。

f:id:tis8347:20190822104620j:plain:w420
関西人には南海電車カラーに見える仙台空港鉄道

すっげえ運賃

 岩手からはいわゆる「並行在来線」、IGRいわて銀河鉄道で北を目指す。ここから先は切符を買う必要があるわけで、とりあえずIGRの自動券売機の前に立ち運賃表を眺めた後、覚悟を決めて券売機にお札を投入する。

続きを読む

青春18きっぷ2019夏・1回戦

 今年もこの季節がやってまいりました。本ブログ恒例、夏の青春18きっぷでの大移動でございます。

 ...が、今回はほとんど特急で移動するばかりで青春18きっぷの出番があんまりない。元取れているのかちょっと怪しい気もするので、それでいいのかと思いつつの1泊2日になってしまった。とりあえず今回は飯山線弥彦線大糸線の完乗が目的。

1日目

まずは特急を乗り継いで長野へ、そして新潟方面へ。

  1. 湖西線北陸本線(京都→金沢)
  2. 北陸新幹線(金沢→長野)
  3. しなの鉄道北しなの線飯山線(長野→越後川口
  4. 上越線越後川口→長岡)
  5. 信越本線(長岡→東三条
  6. 弥彦線東三条→吉田、吉田→弥彦、折り返し弥彦→吉田)

家に置いてきた

 いきなり大ポカの話から。

 ここ数年はスマホ駅メモの位置登録をしながらの移動で、新幹線で移動中は充電をしながら*1位置登録をしようと考えていた。で、新幹線に乗車。リュックを開ける。

 充電器が、ない・・・???

 充電器やUSBケーブル、モバイルバッテリーなどの充電系装備一式を入れた袋がリュックに入っていなかった。あんなにじゃらじゃらした装備を途中で落として気づかないわけがないので、家に置いてきたに違いない。なんてことだ。ここまででも既に今回は時刻表も忘れるし、いろいろ忘れて微妙にひどかったのに、まさかそこを忘れているとは。なぜ気づかなかったのか。

 慌ててネットで検索すると、降りる予定の長野駅の駅ビルにビックカメラがあるとの記述。で、長野駅で降りた。駅ビルのほうへ行く。

 ビックカメラが、ない・・・???

 どうやらビックカメラが運営しているアップル製品の修理カウンターがあるだけで、ビックカメラはなかったらしい。店内のショップリストを眺めながら「はあ?」と言いつつ呆然と立ち尽くすおっさんになってしまった。なんとひどい。忘れ物チェックさえ欠かさなければこんなことにはならなかったのに。

 幸い駅の向かいにドン・キホーテがあったので、USBが2口ついた充電器をそこで確保。移動中の充電はあきらめた。

 出掛ける前には必ず持ち物の確認をしましょう。

飯山線

 充電器を手に入れたあと急いで乗ったのが飯山線。車両は東のディーゼル定番車、キハ110系。

f:id:tis8347:20190811145437j:plain:w480
JR東日本エリアで気動車といえばこれ

 今回最長の乗車時間となるおよそ3時間弱の乗車。長野県から北東の新潟県方面に抜けていく列車なので、風景はひたすら山・山・山。さすがに長野県の風景なので、飯田線からの車窓にもちょっと似ている気がする。

弥彦線

 新潟県東三条駅から弥彦線。中国地方では黄色単色塗りの115系もこちらではばっちり帯が入っている。

f:id:tis8347:20190811191158j:plain:w480
今や少数派の115系

 これが走り出すととにかくうるさい。高架区間ではモーター音にレールがきしむ音にあれやこれやで車内放送がまるで聞こえない。和歌山線105系のほうが静かなのではと思えるやかましさ。新潟もいよいよE129系が多数派になっていつ引退に追い込まれるのかわからんけれども、あのやかましさは今となってはさすがにちょっと辛いね。

 吉田駅で降りたら撮り鉄がちらほら。この並びをひたすら撮っていた。

f:id:tis8347:20190811194434j:plain:w480
弥彦線115系の並び

115系がそろそろ無くなるんだろうか...と思っていたら理由が全然違った。
railf.jp

 この手のイベント列車に偶然遭遇するとは珍しい。ヘッドマーク付きはレアだわ。

*1:E7/W7系はコンセントが全席装備されている

続きを読む

君は「天気の子」を観たか

※相当ネタバレかもしれないので、観てない人は気をつけてね(じゃあこんなタイトル付けるな)

※というか長いので最後まで読む人いないだろう(といつものように高をくくる)

 昨日の夜にイオンシネマで「天気の子」を観てきた。「君の名は。」も初日夜の上映を観ていて、当時は広い劇場にガラガラの人数(15〜20人くらい)でとても快適だったんだけど、今回はイオンシネマの小サイズ劇場がほぼ満席。1作当たればえらいもんですなあ。

昨日観た時点での第一印象は以下の通り。

 賛否両論あると言われている本作。個人的にはどっちかと言えば間違いなく「否」の方なんだけど、だんだんこれはこれで思い切ったことをしてきたなと思い始めている。

もしや新海誠版「ポニョ」なのでは

 「崖の上のポニョ」がヒットしたときにネットのどこかで観た感想で、こんな趣旨のものがあった。「宮崎駿作品は "世界のあちら側" や境目へ行って最終的に "世界のこちら側" に戻ってくるものが多いが、ポニョは初めて明確に "あちら側" へ行ってしまう作品である」と。他の作品では最後に元通りに収まるか元通りでなくてもそこそこ丸く収まるのに対して、宗介は世界のバランスを変えてでもポニョと一緒にいることをあっさり選んでいたし、その後地上に出てきても風景は物語序盤とは様変わりしたままだった。

 それを新海誠作品に当てはめてみると(といってもそんな大げさな世界観設定の作品が多いかと言えばあれだけど)、「ほしのこえ」は別として「雲のむこう、約束の場所」ではしっかり塔を壊してバッチリ帰ってきている(という風に見える)し、星を追う子どもでも一応帰っては来たし、「君の名は。」でもちゃんと日常が戻っている。

 では「天気の子」はというと... 

続きを読む

南海電車2連発

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

 ネットをポチポチしながら「そういえば南海電車には乗り放題チケットがないんだなー*1」なんてぼんやり思っていたところに、ゴールデンウィークの乗り放題チケットが発売。これ幸いとばかりに買って出かけてきましたよ。

4/27 高野線方面

 まずは大型連休初日の4/27、土曜日。難波駅から特急こうやに乗車。

f:id:tis8347:20190427095653j:plain:w480
南海高野線特急こうや

 こうや号は昔からあるけど乗ったのは初めて。連休初日の午前中の列車とあって座席の大半が埋まっており、外国人旅行客も多かった。

 電車に揺られることおよそ1時間半で終点の極楽橋駅に到着。ここから高野山駅まではケーブルカーに乗車する。ケーブルカーは55年ぶりの新車導入が3月に行われたばかりで、車内もまさに新車。ぴかぴかだった。

f:id:tis8347:20190427113155j:plain:w480
高野山ケーブルカー。この1本は混んでいたので見送った
f:id:tis8347:20190427114336j:plain:w480
車内。傾斜がかなりきつい

*1:かつては関西私鉄共通の「スルッとKANSAI 3dayチケット」があったが廃止になってしまった

続きを読む

参戦!一般参賀

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

 とうとう平成の時代が終わり、令和元年となりました。元号が変わると言うことは天皇の代替わりと言うことでして〜

 という前置きはそれくらいにして、新天皇陛下がご即位されてから4日目の5/4(土)にご即位記念の(?)一般参賀が行われるとのこと。せっかくの初回くらいは行かねばと言うことで、はるばる奈良から馳せ参じた。

 本当は車で前乗りしたかったんだけど、渋滞が酷いやら車に不慣れな人らが高速道路に放たれるやらで危険だと反対を受け、急遽交通手段を変更。一般参賀のためにそんなに予算かけてどうする、というアホさも含めて以下のようになりました。

東京に着くまで

 まず最寄り駅を始発列車で出発。まだ路線バスが走ってないのでルートを変えて駅まで徒歩で行くしかないのだ。起きたのは4時半、家を出たのが5時15分頃。もはやアホである。

 ほいほいと乗り継ぎ、6時半頃のラピートに乗車。この大型連休はこうや、サザンと相次いで南海特急に乗っているので今回で3種類目。まさかラピートにも乗るとは思わなかった。

 ちなみに通常の特急料金より+210円するはずのスーパーシートが、ネットで座席指定をすると差額無しで乗れるというどうしてそうなった的なキャンペーンが行われており、お陰でゆったり移動できた。ありがたやありがたや。豪快な見た目とエレガントな車内、ラピート大好きです。

 ラピートに乗ったと言うことは、出てくるのは当然これ。

続きを読む

EyeSightすごいという話

 友達とレンタカーを借りて紀伊半島を一周してきたんですけどね。

 その車がスバルのレヴォーグで、今時のスバル車と言えば気になるのはやっぱりアイサイト。CMでは散々見たものの実際どんなもんかが分からないし、「ほんまかいなー」と思ってしまう。が、しかし、やっぱりすごかった。

f:id:tis8347:20190501101531j:plain:w480
レヴォーグの車内はこんな感じ

ついていくクルマ?

 というキャッチコピーのCMが放送されていたのも今から何年前なのか。車内の説明書もない中手探りでステアリングのボタンを操作し、クルーズコントロールをなんとか有効にしてみた。クルーズコントロールと言えば設定速度で勝手に走ってくれるアレである。使ったことはなかったけど存在自体は多分珍しくもない。

f:id:tis8347:20190502081349j:plain:w427
ステアリング右中央のアイコンを押した後、▼SETを入れるとクルーズコントロール開始

 するとどうでしょう、設定速度で走りつつ、前にクルマが来たら自動で車間を空けてその速度で走ってくれる。前の車が止まれば自動でそれっぽい距離を取って止まってくれるし、前の車が動き出したらアクセルを一瞬だけ踏むかスイッチを入れ直すことで勝手に加速してついて行ってくれる。

 この間アクセル、ブレーキペダルほぼ踏まず。車が勝手に加速し、止まるところまで減速してくれる。停止中のブレーキ維持も車がやる。踏むのは青信号になったときだけ。

続きを読む

今思い出す開業初日。阪神なんば線開業10周年。

 2019年の3月20日阪神なんば線が開業、そして近鉄と直通運転を始めてから10周年。

f:id:tis8347:20090320161207j:plain:w480
阪神なんば線開業初日。尼崎駅

 わずか3.8kmの新区間*1ながらゼロ年代後半の関西鉄道新線ラッシュの大トリにして再注目の路線、そして30年以上の工事中断を挟んでようやく本来の形になった路線ということで期待も大きい路線だった。

 そんな阪神なんば線も10年が経過し、通勤・通学・観光に加えてインバウンドやらなんやらで利用客数もうなぎ登り。1日あたり9万人を越えているそう。大阪難波から阪神方面に乗り込んでいく外国人、かなり多いんだよねえ。

 さて、今ではすっかり定着して運行されている阪神なんば線も初日は大混乱だった。そんな状況を当時の朝から思い出していきたい。なお当時のエントリと内容が大体被るので、そこはご了承ください。

三宮行き一番列車、尼崎までは良かった

 その日、私は奈良から記念すべき1本目の三宮*2駅行きの快速急行に乗った。本来は阪神の車両で運転するところを、記念すべき一番列車ということもあって近鉄の車両に差し替えての運転だったとか。停車位置表示*3がおかしかったのを覚えている。

f:id:tis8347:20090320070647j:plain:w480
最初の列車とあってTVクルーも撮りまくる

 阪神なんば線に入って二駅目、桜川から阪神の作業員と思われる2人組が隣に乗ってきて、特に通過運転になる西九条〜尼崎間で何やら会話をしていたのを思い出す。内容を書き出すのもあんまりかもしれないけれど、確か「通過してる」「速い」「今度から寝過ごしたら難波に行ってまうで」「いやいや奈良にまで行ってまうがな」といったことを話していたはず。これまでは各駅停車しか来ないローカル線だったのが、本線以上の長編成で通過運転してるんだから無理もない。

 そして列車は阪神なんば線の終点・尼崎に到着。ここからが混乱の始まり。

*1:うち0.4kmは近鉄の既存区間なので実質3.4km

*2:現・神戸三宮

*3:近鉄阪神では車両の長さとドア位置が異なるため別の案内が付いている

続きを読む