読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空降るでいず

じゆうな いろで えがいて みよう

嫌な予感は当たる

すごい一日だった。不気味すぎてやばい。
先日から短期のアルバイトをしていて、バイト先までちょっとの距離をほぼ毎日行ったり来たりしてる。今日はその道中の様子が明らかにおかしかった。

  • 交通事故が起きてた
    • 事故といっても、単に後ろの車が前の車との車間を詰めすぎてぶつけちゃって、仕方なく道の端に止めて警察に来てもらう、というたまに見かけるパターン。しかし道中にそんな事故りそうなところはなく、既に警察が来ていてやりとりしている姿を見るのはなにか違和感があった。
    • それを横目に坂を下ったら、下った先でも同じように車2台が並んで止まって、警察が来ているという全く同じ光景が。えっ、2件も… これが嫌な予感の始まり
  • 道が混んでた
    • 高架下の坂道(上のとは違う坂道)に車が大量に並んでいた。ここまで並んでいるのはおかしい。これほどの渋滞が起きるというのはにわかに信じがたい...。そっち向かって今日何があるってんだ。
  • ダッジを見た

そしてバイト先では、同じところで働いてる人が昔の職場の上司と十数年ぶりに会うというちょっとしたイベントも。ちょっといい話だと思うけどこんな滅多に起きないことが起こるなんておかしい。あと普段全く取り扱ってないイーモバイルが必死にネットブック売ってたし。
あまりに嫌な予感がするので、嫌な予感がするとさんざん言いまくって作業を早めに済ませたりする。嫌な予感がしつつも休憩に行って、帰ってきてからが本番だった。
什器が倒れた。
売り場でこっち向いてバターンと。
幸い内向きに倒れてきたし、誰もいなかったし乗ってるものも軽いものばかりなので怪我などはなかったけど、びっくりした。乗ってたものはほとんど吹っ飛ぶし。
ああ、嫌な予感とはこれのことだったんだ。予感て当たるんだなぁ。
ところが仕事の方はお客さんが絶えずやってきて後処理が全く追いつかず、最終的には退勤予定時刻を100分以上超過ということに。おまけに途中で立ちくらみが来て10分くらい手にしびれが残ったりもしたし。いや、体に悪いわ今日は。明らかに人数足りてないし、色んな件が次々来るし。なんだったんだ。
言葉にするとすごくあっさりだけど、大変だったよほんとに。最悪の一日だとか激務とかそういうのじゃないんだけど、嫌な予感は当たるという事実だけでもすごく怖い。